2009年06月14日

まずは知能を高める。

新しい学習法j 『知能を高める』

人は生涯を掛けて学び、自己の成長を通じて
自己実現をすることに大いなる喜びを感じる
生き物である。

弘法大師、天才・空海はこう言っている。
『人はその生涯において何も学ばなければ、
闇から現れて、また闇に帰っていくだけである。』
学ぶことは自分の人生に明るい光をあてること
なのである。


まず個々の学習を始める前に大切なのが、『知能』
を伸ばすことである。
知能を伸ばすことは、甘美にしてほろ苦く、悲劇的
かつ喜劇的な、そして美しくもドラマチックで魅惑的
な人生のいろいろな体験を、十分に味わいつくすこと
ができる能力を高めることである。


古い学習法とは、まず大量の科目や原理を学ぶことを
要求される。それは驚くほど多岐にわたり、記憶し、
理解することが求められる。

数学、物理学、化学、語学、哲学、生物学、心理学、
歴史、地理などまさに山積みである。
しかもそれぞれを正確に学ぶためには、対象に応じて
やり方を変える技術も必要である。
これでは時間が足りない。


新しい学習法とは、まったく逆の発想をとる。
最初に様々な知識を学ぶのでなく、まず自分自身に
ついて徹底的に考える。

つまり、どのように学習し、考え、記憶し、創造し、
問題を解決していくのか、などを考えるのである。

具体的には、どう知覚、認識すれば最高の集中力を
発揮できるのか、読むときの呼吸や姿勢や、目の
動かし方はどうするべきか、どのノートのとり方が
効果的か、といったことを学ぶ必要があるのです。

posted by MR.BRAIN+α at 14:19| 新しい学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。