2009年06月14日

早朝学習の効果

『早朝学習の素晴らしい効果』

夜中に勉強するのはなんとなく集中できるような
錯覚に陥りますが、無駄どころかむしろ有害で
あるといえそうです。

人間の身体は自然の摂理に従うようにできてます
ので、夜中の勉強は精神的にも身体的にも悪影響
があるのです。

内蔵機能や体温調整など、体の機能をコントロール
するのは自律神経ですが、昼間は交感神経という
活動のための神経が働き、夜は副交感神経という
体のメンテや修復をする神経が働くのです。


夜中に勉強する人は、まったく機能の違う神経の
働きのもとで勉強することになるので、違う武器を
もって戦っているようなものです。


一般的に朝の20分は夜の2時間にも相当する
そうですので、朝5時にはおきて太陽の光を
浴びて一日をスタートすることが理想といえる
でしょう。


また朝早く起きて勉強することは、精神衛生上も
素晴らしい効果があります。

人より先んじて一日をスタートさせ、人より
先駆けて学習しているという習慣は、自分に対する
静かながら確固たる自信となって、自分のゆるぎ
ないコアとなっていきます。

朝、早起きして学習する習慣を持つだけで、人生は
大きく変貌していくでしょう。

posted by MR.BRAIN+α at 13:40| 早朝学習の効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。